TomyDaddyのブログ

毎日の健康管理の記録、新聞、雑誌、書籍等の読書について感想を書いていく。

ゴーヤ(苦瓜)の蔓を撤去した

 ゴーヤ(苦瓜)の栽培をここ5年くらい続けている。ゴーヤは沖縄や暖かい地域だけでかつては栽培されていた蔓性の野菜である。地球温暖化の影響もあるのここ神奈川県でも簡単に栽培できる。しかし7年くらい前2014年頃には、5月の連休の前には苗の入手ができないくらいだった。最近では、4月中頃から園芸店で苗を売っている、近隣の農家の畑の栽培法をみるとこうだ。4月中頃に苗を植えて寒さと風を防ぐため、ビニール袋を苗の周りに四本の支柱で止めて置く。この方法を見よう見まねで真似てやってみた。ゴーヤは寒さに弱いので、それでも5月末から6月にならないと伸びてこない。6月になると、昨年収穫した種をまいても容易に発芽して80%くらいは立派なゴーヤの苗に育つ。今年はこのようにして購入した苗は2株(1株は枯)のみで、あとは自分で蒔いた種から6~7本の株を育てた。こうしてゴーヤの棚を作った。例年よりも遅くて、6月に入ってようやく収穫した、爾来、9月の今ままで足掛け3カ月にわたって我が家の食卓を賑わしてくれた。本日の夕食もゴーヤチャンプルにした。

 ゴーヤから離れるが、朝日新聞夕刊に、<次の総裁「河野氏」33% 本社調査>という記事が出ていた。菅総理は、「コロナ対策に専念したい」が総裁選に出ない理由と言っていた。河野さんは、現在は、新型コロナウイルスワクチン担当の大臣である。総理になったら、菅さんをコロナ担当にすえるのだろうか?