「私のC型肝炎物語」第2章:非A非B型肝炎ウイルスからC型肝炎ウイルスへ―〔6〕「私のⅭ型肝炎物語」―序: 人間ドックでHCVキャリアと判明した

(6) 「私のⅭ型肝炎物語」―序: 人間ドックでHCVキャリアと判明した

 

C型肝炎は慢性化して肝がんへ■

  • 1991年5月21日:

1991年5月21日(火曜日)、読売新聞の「家庭とくらし」欄に、「Ⅽ型肝炎半数が慢性化―10~40年で肝硬変 肝ガンに」という見出しの記事が掲載されていた。

「Ⅽ型慢性肝炎は日本人に多い病気で、現在国内に20万~40万人の患者がいると推定されている。半数は輸血によって感染している。抗体が発見されてからは、日本赤十字社では採血時に抗体検査を始めており、今後は輸血による感染は減る見通しだ」

上掲の記事では、C型慢性肝炎の患者は日本国内に20万~40万人と何とも呑気な記述である。2018年現在では、150~200万人のⅭ型肝炎ウイルスキャリアがいると推計されている。C型肝炎ウイルス研究の推進母体として「ウイルス肝炎研究財団」が創設されたのもこの頃だった。

■肝機能血液検査の推移―1991~1998■

  • 1991(平成2)年7月17日(44歳6ヵ月): AST 28、ALT 27、γGTP 75、GL 95という数値が記録にある。AST 28、ALT 27は正常値以内だが、γGTP 75は少し高い。血糖値(GL)95は正常値以内と判断できる。γGTPの数値が高いのはお酒の飲み過ぎ以外に思い当らなかった。肝臓の数値は正常値以内なのでC型肝炎ウイルスには罹患していなかったか、あるいは潜在しておりウイルスが活性化していなかったのかもしれない。
  • 1992年6月19日(45歳5ヵ月): AST 48、ALT 43、γGTP 103、GL 107。
  • 1992年7月23日(45歳6ヵ月):再検査を受けた。AST 34、ALT 32、γTP 111。

■肝機能障害が顕著だぞ!―1993年以降■

1993年から、ALTがASTを上回りかつ上昇している。数値からも肝障害の疑いが顕著である。浅はかにもこの時点で重く受け止めていなかった。1993年頃の何処かの時点でC型肝炎ウイルスHCV)に感染したのであろうか?

  • 1993年6月21日(46歳5ヵ月):定期検査。AST 49、ALT 53、γGTP 105、GL103、HbA1c5.4であった。
  • 1993年8月30日(46歳7ヵ月):再検査。

AST 47、ALT 54、γGTP 105、GL 112。再検査で「肝機能障害」の診断がついて治療を奨められたが、特に専門医の受診をしなかった。超音波検査で胆石を指摘されている。

  • 1994年7月4日(47歳6ヵ月)定期検査: AST 51、ALT 63、γGTP 86。糖尿病に関しては、GL 100、 HbA1c5.8と基準値以内に入る。
  • 1994年8月23日(47歳7ヵ月)再検査: AST 61、ALT 77、γGTP 127、GL 112。再検査で「肝機能障害」の診断がついて治療を奨められた。しかし、専門医の受診をしなかった。
  • 1995年6月27日(48歳5ヵ月)定期検査: AST 43、ALT 54、γGTP 113、GL 103、HbA1c 6.1。
  • 1995年8月28日(48 歳7ヵ月)再検査: AST 43、ALT 52、γGTP 104。再検査でこの年も「肝機能障害」の診断がついて治療を奨められたが、まだ特に専門医の受診をしなかった。
  • 1996年7月5日(49歳6月)定期検査: AST 49、ALT 56、γGTP 118、GL 108、 HbA1c 4.8 。
  • 1996 年8月29 日(49 歳7ヵ月)再検査: AST 53, ALT 68, γGTP 129。再検査で「肝機能障害」と「白血球減少症」の診断が付いた。「日常生活に注意を要し経過の観察を要します」との総合判定だった。
  • 1997年6月11日(50歳5ヵ月) 定期検査: AST 59、ALT 82、γGTP 178、GL 110, HbA1c 5.3。この年の定期検診でも、「肝機能障害」と「白血球減少症」の診断が付いた。「二次検査を必要とします」のコメントがついた。しかし忙しさにかまけて二次検査を受けなかった。

■晴天の霹靂―あなたはHCVキャリアです■

  • 1998年8月11日(51歳7ヵ月):人間ドックを受けた。AST 67、ALT 87、γGTP 204、GL 109、HbA1c 5.6、HCV抗体(32.1)。検査項目にHCV抗体検査が入っていることも事前には知らなかった。

東京逓信病院で受けた人間ドックで、自らがC型肝炎ウイルスキャリアであることを私は知った。追い求めていたⅭ型肝炎ウイルス研究推移の一方で、自らがⅭ型肝ウイルスに罹患し、肝炎治療を体現することになることは夢にも思わなかった。

(2018.12.17)

(「私のC型肝炎ウイルス物語」 第2章:非A非B型肝炎ウイルス(NANB)からC型肝炎ウイウイルス(HCV)へ―〔6〕 「私のⅭ型肝炎物語」―序: 人間ドックでHCVキャリアと判明!)