TomyDaddyのブログ

毎日の健康管理の記録、新聞、雑誌、書籍等の読書について感想を書いていく。

私の「医人」たちの肖像― (86) 吉田 修さんとインタビュー「第23回医学会総会展示の理念」そしてオスラー ~1990年9月10日(月)

(86)吉田 修さんとインタビュー「第23回医学会総会展示の理念」そしてオスラー ~1990年9月10日(月)

京都に一人で出張した。京都大学の吉田 修教授(京都大学医学部・泌尿器科)にインタビューするためであった。1日目はサンホテル(烏丸)、2日目は東山三条ホテルに宿泊した。京大泌尿器科教授室は、京都大学・近衛北門から入った二階に、当時は所在した。京大病院のある聖護院川原町は、旧制三高所縁の吉田山もすぐ近くだった。その頃の私には、近隣を散歩(観光)するという精神的余裕が微塵もなかった。定年退職後の2013年12月、京都を旅して初めて吉田山に登った。旧制三校跡地の山中にあるレストラン「茂庵」で食事して、東山山麓比叡山を眺めることができた。
■京大吉田 修教授にインタビュー■
●1990年9月10日(月)~12日(水):

 吉田 修先生は、1991年に京都で開催される第23回医学会総会の展示委員長であった。当時の医学会総会は医学界で四年に一度の大イベントだった。その準備状況をお聞きして、医学界新聞で紹介することになった。「第23回日本医学会総会展示の理念(吉田 修)として、医学界新聞・第1920号に、インタビュー記事を掲載した。
■吉田 修さんとオスラー博士■
 吉田 修さんは、1935年3月1日生まれ。私より丁度一周り年長だ。1963年3月に京都大学医学部卒。1973年8月に38歳で京都大学医学部教授(泌尿器科学講座)。1997年に京都大学を退官。2001年10月~2008年3月まで、奈良県立医科大学学長を務めた。
 吉田さんは、日野原重明先生が主導していた「日本オスラー協会」にも入っておられた。吉田さんもオスラリアンだった。医学界新聞・第2458号(2001年10月22日付)で、吉田 修さんに関する興味深い記事を見つけた。2001年秋に開かれた第19回日本オスラー協会総会で、「オスラー博士と日野原先生と私」と題して特別講演を行った。講演はオスラー博士の唯一の日本人の弟子であった佐伯理一郎医師(産婦人科医)のペンシルベニア大学卒業証書におけるサイン(Quliemus Osler)はラテン語であり、英語ではWilliam Oslerであることを、日野原さんに解明しもらったというエピソードである。オスラーの信奉者であった吉田さんは、医学教育者として今もご活躍されているようだ。
■『平静の心』と私■
 
『平静の心―オスラー博士講演集』 (新訂増補版 2003年 医学書院)を、書棚から抜いてきた。「生き方(A Way of Life )」と題するオスラーの講演録を紐解くと、医学には素人の私ですら心が洗われる。オスラーの言葉は、人間として普遍的で大切な何かを、読む者に与えてくれる―眠りにつくまえの30分の読書の奨め等々。いま読んでも裨益するところが大きい。
(2019.5.6)
(私の「医人」たちの肖像―〔86〕吉田 修さんとインタビュー「第23回医学会総会展示の理念」そしてオスラー~1990年9月10日)