TomyDaddyのブログ

毎日の健康管理の記録、新聞、雑誌、書籍等の読書について感想を書いていく。

新型コロナウイルスの治療薬の現状

新型コロナウイルスの感染者が減ってきた。このまま終息に向かってくれれば嬉しいが予断は許さないだろう。新型コロナウイルスの「第6波」が懸念されるなか、治療薬の選択肢も増えてきたようだ。「治療薬―増える選択肢」という記事が、朝日新聞朝刊(2021年10月24日9に出ていた。記憶と記録のために纏めておきたい。

新型コロナウイルス感染症の治療薬■
(1)レムデシベル(商品名 ベクルリー、点滴):2020年5月に特例承認された抗ウイルス薬。この薬は、C型肝炎ウイルス薬のハーボニーを作ったギリアド・サイエンスが作ったエボラ出血熱対象の抗ウイス薬だ。新型コロナウイルス感染症については、対象は当初、重症者を原則としていたが、今年1月に添付文書が改訂され、コロナ肺炎の患者全般へと対象が広がった。酸素吸入が必要でなく、血中の酸素飽和度が93~96%の中等Ⅰの患者から幅広く使われている。新型コロナは発症からしばらくたつと、炎症反応が主になり、急性呼吸窮迫症候群など免疫反応の異常がでる。この時期の患者には、抗炎症薬や免疫抑制剤が有効になる。
(2)デキサメタゾン(商品名 デカドロン、飲み薬、点滴):もともと重症感染症向けに承認されていて、2,020年7月に、コロナ治療薬に位置付けられた。過剰な免疫が臓器に障害を与える反応を抑える働きがある。この薬は、点滴と口から飲むタイプとがある。軽症や中等症Ⅰの段階で使うと、かえって病状が悪くなることがあり、使うタイミングが重要だ。
(3)バリシチニブ(商品名 オルミエント、飲み薬): もともとは関節リウマチやアトピー性皮膚炎の薬で、中等症Ⅱや重症者を対象とする。飲み薬で、レムデシビルと併用する。
(4)カシリビマブ・イムデビマブ(商品名 ロナプリーブ、点滴): 2種類の中和抗体を組み合わせた抗体カクテル療法と呼ばれる薬で、ウイルスが細胞に感染するのを妨げる。2021年7月に特例承認された、軽症者や中等症患者向けの点滴薬だ。高齢者や持病があるなど重症化リスクの高い患者が対象となる。
(5)ソトロビマブ(商品名 ゼビュディ、点滴): 2,021年月に特例承認された。こちらの使用は、2021年10月現在、入院患者に限られている。この薬は、グラクソ・スミスクラインが開発したのだろうか?

開発中の主な飲み薬
(1)モルヌピラビル(メルク):治験の中間結果を公表し、米国で緊急使用許可を申請。国内でも早ければ年内に実用化される見込み。軽症の人に使える飲み薬としては、世界初とばる見通しだ。服用は、12時間置きに計5日間。メルクは、FDAに緊急使用許可を申請している。米国での審査が終わり次第、日本にも申請する見込みだ。
(2)PF-07321332 (ファイザー):最終段階の治験。早ければ年内に申請。
(3)AT-527(ロッシュ):最終段階の治験。2022年にも申請。
(4)S-217622(塩野義):最終段階の治験。早ければ年内申請。
(5)ファビピラビル(アビガン)(富士フィルム富山化学):昨年10月に申請済だが、再治験を実施中。もともとは抗インフルエンザの薬。
(6)イベルメクチン(興和):最終段階の治験。抗寄生虫薬。大村さんのノーベル賞の薬だ。

<コメント>イベルメクチンはまだ承認されていないのだ。

朝日歌壇を読む

今日も朝日歌壇を読んだ。
<台風の無事に過ぎたる朝の晴れ丹沢山脈(やまなみ)惚れ惚れ望む(大和市 高橋スミ)⇒佐佐木幸綱選: 大和からは丹沢がよく見えるよね。このように素直に歌が詠めるんだね。短歌って気張ら無くてもよいんだという例と思う。

<命無き身体の重さ 撥ねられし鹿を四人の男が運ぶ(観音寺市 篠原俊則)>
<秋の鍬コロナ疲れか重くとも今宵の褒美缶ビール待つ(伊予市 福井恒博)>
 ⇒高野公彦選:福井さんの歌も素直な気持ちを詠んでいる。<熱湯に逝きしあなたがいたことを私は必ず覚えていよう(観音寺市 篠原俊則)>⇒永田和宏選: 篠原さん、一度に二つ入選だ。篠原さんは、毎日の生活の中で、歌を毎日作っているのだろう。

<落ち込んでいるって母は思いこみ私の好きなメロンパン買う(富山市 松田梨子)>⇒馬場あき子選: 松田さんも毎週の入選だ。それにしても、素直な娘さんだね。

今週の歌は、なぜか少しおだやかな秋の感じがする。一押しは、

秋の鍬コロナ疲れか重くとも今宵の褒美缶ビール待つ(伊予市 福井恒博)

気になる本2冊―「虹滅記」(足立巻一著、朝日文庫)と『オホーツク諜報潜船』(西木正明著、角川書店)

夕方に、土肥から帰宅して溜まった新聞を眺めた。本日の夕刊の文化蘭が面白かった。
 10月23日(土)の午後16時から、福岡伸一さんと池澤春菜さんが、『新・ドリトル先生物語を語る」をオンラインでやるんだという。忘れないようにして聞いてみよう。

 さて、標題の本のことを記憶と記録のため書いておく。

(1)「虹滅記」(足立巻一著、朝日文庫)は、「編集者を作った本」というコーナーにでていた。編集工房ノアの涸沢惇平さんが作った本だという。足立巻一さんという作家(1985年、72歳で死去)の本だという。どうも凄いほんのようだ。図書館でみつかるだろうか?
(2)『オホーツク諜報潜船』(西木正明著、角川書店)も、1980年の本だという。これも読んでみたい。

西伊豆三日目は晴天だー帰りに楽寿園を見学した

西伊豆三日目は晴天だ。朝から太陽が出ていて嬉しい。何故だろうか。やはり陽の光が身体に影響を与えるのだと思う。ユトリロ西伊豆のチェックアウトは11時だが、バス停中浜発9時29分の三島行きに乗って帰路に着くので、10時過ぎにはチェックアウトをした。途中、修善寺を過ぎて狩野川沿いの道路で交通事故がありバスが遅れた。それでも、11時50分くらいには三島に戻ってくることができた。三島の駅傍の海鮮のお店で新鮮な海鮮丼を食べた。内税で1500円で美味であった。旅で美味しいものを食べられると幸せな気分になる。その後、三島駅前から「楽寿園」に立ち寄った。一昨日、往路の折による予定であったが、行ってみると月曜日で休園であったのだ。今回は、午後13時15分に入館料300円を支払って入園した。楽寿園は現在は、三島市が管理している緑の森に囲まれた公園となっている。楽寿園の中には、数寄屋造りの楽寿館がありその前面には小浜池という池が広がっている。小浜池は富士山からの地下水が溶岩のしたから湧水として湧き出てきているものなのだという。そのために、小浜池の水位が満水となるのは珍しいのだという。実際、今年の5月にも土肥温泉にいく往路に立ち寄った時には小浜池は枯れていた。この楽寿園は、明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治3年に別邸として造営されたのが始まりであるのだという。今回、折よく、13時30分から、楽寿館の中をガイドの説明付きで見せてくれるという偶然の好機に出くわした。そこで、30分間の見学を楽しんできた。

 

ユトリロ西伊豆2日目

ユトリロ西伊豆2日目だ。昨夜は、イオンバァリュで買ってきたオカズを食べてながらビール2缶と焼酎白霧島を飲んだ。夕食は、三島で買ってきた牛焼肉定食であった。満喫した。21時過ぎには寝てしまった。朝目覚めると風が音を立てて吹いていた。雨は少ない。しかし、外に出られないので部屋の中で本を読んでいた。午後になって、ようやく風が止んだ。昼食は部屋の中でインスタントラーメンで済ませた。午後14時過ぎに散歩に出かけた。宿舎から道路を反対にわたって小路をすこし歩くと海岸にでる。そこは松原公園という。松原公園の端に若山牧水の石像が立っていた。若山牧水は流浪の歌人である。

 「白鳥は悲しからずや海の青空のあをにも染まずただよふ」

 牧水の歌を思い起こした。

土肥にまた来たー

 今年の春に土肥にきた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不要不急の外出が叫ばれている時期だった。その時には、土肥温泉郷のお店は殆ど休業であった。外での食事がままならないので、近くのスーパーを探して寿司とお刺身などを購入して済ませた。今回は、新型コロナウイル感染拡大の第4波が落ち着いて緊急事態宣言も解除された。しかし、状況はあまり改善されていなかった。宿泊したユトリロ西伊豆というホテルから松原公園という海辺の公園に繋がる小路はかつては小さな繁華街だったらしく、カラオケやスナックが軒を連ねているが開店している店は一つもない。さらに、進んでいくとかなり大きなま比較的に新しいホテルも閉鎖を余儀なくされている。やはり、コロナは観光産業を軒並みつぶしてしまったようだ。今回の旅は、妻のYことその妹のM子との三人旅であった。結局、今回も、夕食の食材を、イオンというスーパーで買ってきて済ませた。

「人はみななにかにはげみ初桜(深見けん二)」を読む

 恒例の朝日歌壇俳壇を読んだ。
 今日は、俳人の山田閏子さんが、「うたをよむ けん二の虚子恋」というコラムを書いていた。
 百歳は近くて遠し星祭る
 百寿まで半年を残し、深見けん二さんという俳人が9月15日になくなったんだという。深見さんという俳人を私は知らないのだが、19歳で高浜虚子の許で俳句を始め、東京帝国大学に入学して山口青邨と出会うこともできた。
 上に載せた「人はみななにかにはげみ初桜」は、63歳の時の作で代表作であるのだという。
「平明で余韻がある。晩年はより虚子への傾倒が強くなり、虚子の『進むべき俳句の通』を読み返しては、新しい発見があると嬉しそうであった」と、山田さんが紹介していた。

 俳句も、短歌も文藝であり、一生を費やしても足りないくらいなんだと知った。

 さて、今日も、朝日俳壇と歌壇を読んだ。

<流れ星は父の声母のこゑ(鹿児島市 青野迦葉)>⇒ 稲畑汀子

<白髪はそのままで良し妻の秋(横浜市 三谷正男)>⇒長谷川櫂

<満月や砂場に眠る三輪車(越谷市 奥名房子)>⇒大串章

<敬老日はっとするほど寂しけれ(新潟市 磐田桂)>⇒高山れおな

⇒俳句は、人生のあるいは人のこころを切り取るのだ知った。

 次に俳壇を読む。

<幾重にも畳てホームレスは持つワクチン集団接種のチラシ(観音寺市 篠原俊則)>
<副反応の熱のトンネル抜け出して朝のパン屋へ朝日を浴びて(富山市 松田わこ)>

<ふわふわのタオルケットを新調し私の夜がやわらかくなる(富山市 松田梨子)>
<弟の畑で咲いた花オクラバッタに食べられずに残ったよ(奈良市 山添 葵)>
⇒ 以上は、馬場あき子さんの選である。

<ハリウッド映画に多き三密のシーン煙草のシーン懐かし(東京都 十亀弘史)>⇒佐佐木幸綱

<副反応の熱のトンネル抜け出して朝のパン屋へ朝日を浴びて(富山市 松田わこ)>
<浄土では夫に会わずともよしと白洲正子も母も言ひけり(宮崎氏市 池江 諭)>
<花オクラ大きな花がさいたからなかよしのこうたくんにあげたよ(奈良市 やまぞえそうすけ)>
⇒ 高野公彦選

<ああ私ハイネにもなれぬリルケにも秋がこんなに燃えているのに(姫路市 鎌田シオン)>

<「母さんの惚れた男に口答えするな」と子らに言って欲しかった(下野市 石田信二)>
<嘘だけはつくなと背中で言った父言った気がする多分言ってた(霧島市 森浩希)>⇒永田和宏: 永田さんの今週の選び方は、社会詠ではなくて個人詠を選んでいる。「鎌田さん、この燃える秋を表現する力が私にはないと痛感している。リズムがいい。」と永田さんがコメントしている。

⇒ 今週も常連の方入選していた。

母さんの惚れた男に口答えするな」と子らに言って欲しかった(下野市 石田信二

 石田さん、奥様は先立たれたのかな?こんな歌を詠める伴侶に恵まれたのだから幸せなんじゃないか。

 「人はみななにかにはげみ初桜」 生きるとはこういうことなんだ。突き抜けるまで、愚直に生きる!