京アニ放火殺人の容疑者逮捕(2020年5月28日)に寄せて思うこと

 昨年(2019年)7月18日、京都アニメーション第一スタジオが放火され、36人んが死亡した。この放火の犯人で自らも重度の火傷を負って入院加療を受けていた容疑者が殺人や現住建造物等放火の疑いで逮捕された。あの事件から10カ月が経過した。その傷跡は遺族はもとより私たちにも癒えることはない。この事件の3年前の2016年7月26日には、相模原障害者施設殺傷事件で入所者19人が殺されている。この二つの事件は直接はなんお関わりもないが無差別殺人という共通点がある。両事件の犯人がどうせ死刑になるんだからという態度でいるのも何ともやり切れない。
 本日は、記憶と記録のために「京アニ事件」を敢えて取り上げた。

 今から48年前の1972年2月19日~2月28日にかけて、「浅間山荘事件」が起きた。連合赤軍による山岳ベースを舞台としたリンチ殺事件である。これ私め爺(73歳)と同年齢の若者たちが起こした事件である。この事件は、私たちの世代の罪と暗部の一つだと思いながら生きてきた。殺人によしあしはないが、「相模原事件」「京アニ事件」のようなやり切れなさは感じなかった。
 新型コロナウイルス感染拡大が世界的に続く中で、私たちの社会はこれからどうしていったらよいのかと複雑な想いでいる。

緊急事態日本全国で解除(2010年5月25日付)

 政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の5都道府県の緊急事態宣言を解除するこを決めた。緊急事態宣言の発令が月7日に7都府県で出され、同16日に全国に拡大された。さらに5月4日に緊急事態宣言は5月末まで延長された。その10日後の5月14日に、5都道府県を除き緊急事態宣言が解除された。それから11日ごの25日に、47都道府県すべてで解除された。
 安倍首相の記者会見での解除の理由は以下のようだ。「日本全国で、新規の感染者は50人を下回り、一時は1万人近くいた入院患者も2千人を切った。」北海道と神奈川県は24日時点で、解除基準の目安の一つである「直近1週間の新規感染者が10万人当たり0.5人程度以下」を上回っていたが、医療提供体制の状況などを踏まえて総合的に判断した、とのことだ。

 神奈川県でも緊急事態宣言が会解除された。毎日が日曜日の退職者のG爺の私たち老いた爺婆は健康維持のために毎日できる限り近隣の林の中を歩いている。途中、多摩の尾根幹道を見下ろすと明らかに車の数が増加している。大型連休の頃は、若い世代の親子連れがマスクして散歩しているのに頻繁に遭遇した。近くの家のベランダではテレワーク最中と思しき男性が大きなノートパソコンを開いておお声で話しているのを目にした。それらの姿も見えなくなった。
 今回の、緊急事態宣言の解除で新型コロナウイルス感染が収束するか否かは神のみぞ知るである。近隣のファミリーレストランも店頭で持ち返り弁当を販売しているが、まだ軒並み閉まっている。この状態が続けば文字通り飯が食えなくなるのは明らかである。街並みの静かさは不気味ですらある。何時になったら元のように活気ある社会生活に戻れるのか?戻れるとしても少し違った形にしていく必要があるだろう。もう真夜中までレストランが開いていることはいらない。「働き方改革」は既に外からなされた。

 ■国内の新型コロナウイルス感染者数(25日、午前10時、厚生労働省)■
 感染者数 1万6581人
死者   830人

 ■感染者の多い国・地域(25日、午後5時現在、米国ジョンズ・ホプキンス大集計)■
世界の感染者数 541万⒕98人
死者数  34万5122人
米国 164万3499人  死者 9万7722人
ブラジル 36万3211人 死者 2万2666人
ロシア 34万4481人 死者 3541人
英国  26万916人  死者 3万6875人
スペイン 23万5772人 死者 2万8752人
イタリア 22万9858人  死者 3万2785人
以下、フランス、ドイツ、サウジアラビア、チリ、メキシコ、ベルギー、パキスタン
   オランダ・・・。
 

 ■日本は抑え込みに成功したのか■
 標記のような大きな見出しで、朝日新聞朝刊(26日付)が、これまでの日本における新型コロナウイルス感染の推移を纏めていた。実際に上の数字をみると、米国やヨーロッパ諸国の感染拡大の数と比べてみると一桁違う。東京都の人口は、米国のニューヨーク市よりも多い。両都市の感染者数を比較すると驚くばかりであろう。日本では、PCR検査を抑えているので感染者の人数が少ない。実際は10~20倍くらいの人が感染ているのではという声も聞かれる。
 <新型コロナウイルスを抑え込んだかに見える日本の状況を、海外メディアは驚きと共に伝えている。強制力のない外出自粛やPCR検査数の少なさにもかかわらず、日本で感染が広がらなかったことに着目し「不可解な謎」「成功物語」などと報じている。>

 

 

 

 

こうのとり、最終任務完了

  日本の無人補給船「こうとり(HTV)」9号機が26日未明、国際宇宙ステーションISS)と結合した。こうのとり9号は、今回が最後の飛行で、9回連続して物資輸送を成功させたのだという。HTV9号は、5月25日の夜に、ISSに到着した。飛行士がロボットアームを操作して捉まえて、自動ドッキングして物資をステーションに回収した。輸送した物資には以下のような生鮮食品が含まれているとお0ことだ。パプリカ、キュウイフルーツ、河内晩柑、清美、レモン、温州ミカン等である。新鮮な日本の果物が飛行士たちの健康維持に役立っていると思うと嬉しくなる。

 それにしても、国際宇宙ステーションの活動は素晴らしい。かつては、国際宇宙ステーションへ行くのは、アメリカのスペースシャトルが最初だった。いまでは、ロシアのロケット(サユーズ)で日本人の飛行士も国際宇宙ステーションに行き、長期の滞在をしている。近くアメリカは民間の会社のロケットが、国際宇宙ステーションへ飛行するらしい。本日は、記憶と記録のために「こうのとり9号」に触れた。このような活動こそが、グローバルというに相応しい。コロナ禍のニュースのときに明るい話題だ。

布田道を歩く!

 体調管理のために雨の降らない日は毎日のように歩いている。今日は、10時45分に家を出て近隣の林の中を歩いて13時15分頃に帰宅した。途中、持参したお握り2個を食べて小休止したのみで、約2時間半で1万2000歩をあるいてきた。今日は、はるひ野(黒川)から鶴川広袴から続く山の中を町田市の小野路を目指して初めての山道を歩いた。この4月初めに、尾根幹道から国士舘グランド西側の東光寺に至る道まで歩いたことがあった。本日歩いた、小野路への山道は予想した通りに、東光寺の上で合流した。

 ■新選組近藤勇土方歳三が歩いた布田道■
 新選組近藤勇の生まれ育ったのが多摩の丘陵地帯(現在の東京都小平市近辺)だという史実だ。私の住んでいる川崎市麻生区はるひ野はかつては黒川といっていた。川崎市黒川と真光寺町(現・町田市)の境目にある尾根の道はかつては「布田道(ふだみち)」と呼ばれていた。布田道は布田五宿(現・調布市布田)と小野路(現・町田市小野路町)の宿を結ぶ道であった。この小野路村は、鎌倉時代に鎌倉と府中を結ぶ鎌倉街道の上道(かまいつみち)の宿場であったが、江戸時代になると府中・小野路・厚木・伊勢原・大山を結ぶ大山街道の宿として栄え、布田道は小野路宿から甲州街道を経由して江戸に向かう一番の近道として重宝されたという。後に新選組隊長となる近藤勇は天然理心流四代宗家として、同流の稽古場を提供していた小野路村の小島家へ布田道をあるいて剣術の指導に来ていたという。そして、時には近藤の代理として土方歳三沖田総司もこの道を歩いてきたということだ。

 

原 武史さんの「歴史のダイヤグラム」(朝日新聞夕刊 土曜日Be連載)を読んで

 「歴史のダイヤグラムという朝日新聞の土曜日(Be欄)に連載(らしい)の標記の記事を毎回面白く読んでいる。原さんの肩書は、政治学者となっている。ウィキペディアで調べたら、明治学院大学名誉教授ということで私より15歳も若い方だ。この連載は何れ本になるだろう。なって欲しいと思う。原さんは、政治学者とのことだが、鉄道が好きで小田急線、東急線の歴史にも詳しいようだ。今回は、私の住んでいる小田急線柿生界隈のこと出ていたのでここで記憶と記録のために紹介しておきたい。無断の引用をするがご了承をお願いする。

 「1941(昭和16)年4月16日、小田急小田原線の柿生付近の多摩丘陵を歩く4人の男性の姿があった。区内大臣松平恒雄、同秘書官の筧素彦、宮内省内匠寮管理課長の池田秀吉、そして護衛の私服警官だった(『昭和史の天皇』2)」。

 「池田秀吉によると、彼らが向かったのは柿生駅の北西に当たる東京府南多摩郡鶴川村(現・町田市9で、『柿生離宮』の建設が計画された多摩丘陵の一角を視察するのが目的だった。実は離宮というのは名目にすぎず、十分な防空施設のない宮城(皇居)に代わる新皇居を建設しようとしたのである。」

 上に引用した記述を読むと実に面白い。私の住んでいる川崎市麻生区はるひ野は、小田急柿生駅から北西に4 キロほどで、かつては黒川村といったらしい。この地域は川崎市であるが、周りは東京都の多摩市(北)、稲城市(東)、町田市(西)に隣接している。川崎のチベットと呼ばれている丘陵地帯である。拙宅から歩いて徒歩10分ほどの諏訪が岳は標高144.4メートルで三角点の表示が設置されている。もしかしたら、「柿生離宮」の候補地だったかもしれない。

 「世田谷区成城町に住んでいた民俗学者柳田國男は、戦時中、毎週のように成城学園から小田原線の下り電車に乗り、多摩丘陵一帯を散策する習慣を続けた。」

 「例えば、1944年2月16日には、柿生駅から稲城村(現・稲城市)の杉山神社天満神社に立ち寄りながら、南部鉄道(現・JR南武線)の稲城長沼駅まで歩いている。」
 「この前年にはm、鶴川村広袴を訪れている。広袴は、まさに柿生駅の北西に位置していた。柳田は広袴の印象を、『丘陵地の窪み』(『水曜手帖』)と記している。ひょっとしたら、この窪みに、柿生離宮が建てられたのかもしれないと思った。」

 上記の、広袴も私の家から歩いて10分くらいだ。さらに10分くらい歩けば、鶴川駅の近く(町田市・能ケ谷)にはかの白洲次郎が棲んだ武相荘がある。原さんは、広袴をもしかしたら柿生離宮の候補地といっている。しかし、盆地は宮城には向かないだろう。むしろ、この辺りの丘陵の高みにある諏訪が岳が柿生離宮の有力候補地だったのではないだろうか?諏訪が岳は、かつての鎌倉街道と尾根幹道との接点に位置し、多摩川をはさんで東京、横浜も見渡せる。かつては関東から九州の護りに赴く防人たちが再び帰ることのできないだろう故郷を振り返ったとされる見返り峠も近い。

 ということで、本日は柿生離宮の話を楽しく読んだ。
 

 

 

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)とHPVワクチン3種目を承認へ

 ヒトパピローマ・ウイルス(HPV)が子宮頸がんの原因だと解明されたのは多分40年くらい前だった。私が医学系新聞の記者をしていた頃に、HPVと子宮頸がんの関係が研究されていたと記憶している。

 ■HPVが子宮頸がんを起こす■
 ドイツのウイルス学者ハラルド・ツア・ハウゼン(Harald zur Hausen)は、1976年に、HPVが子宮頸がんの原因に重要な役割を果たすという仮説を発表した。1983~1984年に、子宮頸がんを起こす2種類のパピローマウイルス(HPV16 とHPV18)を共同研究者とともに同定した。これにより、2006年には子宮頸がんの感染をワクチンで予防できるようになった。ツア・ハウゼンは、上述の業績で2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。この折には、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を発見したリュック・モンタニエとフランソワ―ズ・バレ=シヌシ(仏パスツール研究所)と同時受賞であった。

 ■3種類目のHPVワクチン―「シルガード9」■
 HPVの感染を予防するMSD(メルク・シャープ・ドーム)社が開発したワクチン「シルガード9」について、厚生労働省は5月22日、20付けで製造販売を了承したと発表した。近く承認されるとのことだ。HPVワクチンは、国内では現在2種類が承認されている。HPVは、遺伝子の型の違いから複数の種類がある。シルガード9は、従来のワクチンよりも予防できる型の種類が多いとのことだ。
 MSDはメルク社が発展した会社だと思う。私が2015年に治験に参加したC型肝炎に対する新薬もMSD社のものだった。現在は、「グラジナ・エレルサ」という名称で市販されている。恐らくMSDは新型コロナウイルスに対するワクチン開発にも参入しているのではないだろうか?

 以上の例のように、40年前には原因が分かっていなかった子宮頸がんが現在ではワクチンで予防できるようになっている。人類はいくつものウイルスを、ワクチン開発で克服し共生できるようにしてきた。新型コロナウイルスに対しても遠くない将来にワクチンが開発されると共に集団免疫がが進み、ウイルスと共生するときが来ると思う、期待を込めて。

 

新型コロナウイルス感染―重症化の謎に遺伝子解析で迫る

 新型コロなウイルスノ世界の感染者は、500万1494人に上る。死者は32万8227人である。国別では次のようだ。
 米国 155万1853人  死者は9万3439人
 ロシア 30万8705人  死者は2972人
 ブラジル 29万1579人 死者は1万8859人
 英国  24万9619人  死者は3万5786人
 スペイン 23万2555人 死者は 2万7888人
 イタリア 22万7364人  同 3万2330人
 フランス 18万1700人  同 2万8135人
 ドイツ 17万8545人  同 8172人
 トルコ  15万2587人  同 4222人
  以下、感染者の多い国は、イラン、インド、ペルー、中国、カナダと続く。

 (2020年5月21日午後5時現在、米国ジョンズ・ホプキンス大学集計による)

 一方、国内の感染者数は、ダイアモンド・プリンセス号の乗客乗員を除くと以下のようである。感染者1万6424人、死者数は777人となっている(21日午前0時、厚生労働省データ)。日本では、5月22日に、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、北海道を除いて、緊急事態宣言が解除された。しかし、新型コロナウイルスがこのまま感染に向かうのか否かはまだ分からない。上記の数字を見る限りでは、日本の新型コロナウイルス対策は現時点では上手くいっているといえるのであろうか?感染者数は実は集計データの10倍以上との見方もある。予断を許さない。

 さて、上記の現状を踏まえたうえで、本日の朝日新聞で興味深い記事を読んだ。「コロナ重症化の謎-遺伝子解析で迫る―7大学人種の違いに着目」というタイトルの記事だ。興味を惹かれたので、記憶と記録のために概要をまとめておきたい。
 新型コロナウイルス感染症が重症化する仕組みを、患者の遺伝子解析を通じて解き明かそうというプロジェクトが始まったとのことだ。研究グループは、人種ごとに異なる遺伝子によって免疫反応に違いが生じているとの仮説を立て、ゲノム解析で確かめるのだという。重症化因子が判明すれば、今後のワクチン開発に利用できるとことだ。特に注目しているのが、HLA(ヒト白血球抗原)だ。重症患者と無症状患者とで比較して、重症患者に特有の遺伝子を見つける。欧米でも進められている同種の解析結果と照合すれば、日本人の死者数が少ない原因の解明に茂つながるとしている。

 いずれにせよ、研究の進展が待たれる。一方、まだ日本の新型コロナウイルス感染は終息しているわけではない。このまま。これ以上の感染及び志望者が増えないことを望むばかりだ。