TomyDaddyのブログ

毎日の健康管理の記録、新聞、雑誌、書籍等の読書について感想を書いていく。

多和田葉子さんのベルリン通信―移民夫婦の物語にみる未来

 多和田さんは日本語とドイツ語の両方で書いている作家だ。10年くらい前に、英会話の「NOVA]に通っていて、講師に日本人の作家で誰が好きかと問うたことがあった。「多和田葉子」と応えた。調べてみたら、「犬婿入り」という小説で1993年に芥川賞を受賞した人だった。多和田さんがそのころはドイツで書いている作家になっていたのだ。「犬婿入り」も文藝春秋で詠んでいるのだが筋も忘れていた。
 昨日の朝日新聞に、「移民夫婦の物語にみる未来」という興味深いベルリン通信を寄せていた。これは随時掲載のコラムだ。今回は、新型コロナウイルスワクチンを米国ファイザー社と共同でいち早く開発した「バイオンテック社」の創業者の話だ。この会社を創業して今も経営しているのがトルコ系の移民の夫婦なんだという。妻のテュレジさんと夫のシャヒンさんという二人だという。
 <ドイツのマスコミは、移民がドイツ社会にどれだけ大きな利益をもたらすかを証明する模範例としてこの夫婦を称えているように見えるふしもあるが、本人たちは「移民」というカテゴリーで世の中を見ていないようで、たとえばバイオンテック社の社員も60カ国以上から来ているので、移民であることはあまりにも「普通」で、と語っている。>だという。
 <バイオテック社は、アメリカのファイザー社の協力を得てこのワクチンを生産した。> 
 ということは、生産の主体はファイざーではなくて、バイオテック社だったのだ。
 多和田さんは、この通通信をこう結んでいた。
 「地方の小さな町にしっかり根をおろし、いろいろな国で育った人たちと一緒に仕事をし、最終的には地球全体の役に立つように活動する。もしかしたら、それはパンデミックが見せてくれた一つの未来のビジョンんなのかもしれない。」
 この記事を、読んでファイザーのワクチンへの信頼感が増してきた。

 

本が友だちー『短歌の友人』を読みはじめた

『短歌の友人』をリクエストしたら稲城中央図書館にあったので借りてきた。

 早速、第1章の短歌の感触から読みはじめた。「びっくり短歌」という件にこういう歌があった。

「女子トイレをはみ出している行列のしっぽがかなりせつなくて見る」(斉藤齋藤)

 これについて、穂村さんのコメントはこうだ。
 <やはり、何度もめにしていながら、誰もが歌にしようとは思わなかった光景が詠われている。前述の悲しみに対して、ここに見られるのは「今」のせつなさである。「しっぽ」という表現が「行列」全体をひとつの生き物のように感じさせる効果を上げている。>

 斉藤齋藤さんという方は若手の歌人らしい。昨年末から短歌の本や雑誌を読みだしてから、よく目にする。本名だと聞いて驚いた。親はどういう意図で名付けたのだろうか?触発されてこんな歌もどきをを考えてみた。

 「斉藤姓(せ)齋藤名(めい)の歌人あり我が旧姓は齋藤なりし」

 

ミヤザワケンジ・グレイテストヒッツ(高橋源一郎)を読み終えた

 「ミヤザワケンジ・グレイテストヒッツ」を読み終えた。全くこれまでの読書体験とは異なるものだった。一つ一つが短編作品として、雑誌「スバル」に連載されたものだ。その作品群を一つに纏めて単行本にしたのが、「ミヤザワケンジ・グレイテストヒッツ」になる。初出時には、「宮澤賢治全集」という括りだったらしい。作者は、「宮澤賢治」を読んで、想をえて書いたものなのだろう。ところが、一つ一つの作品は文体までが殆ど異なっている。「何だこれ」と思いなが全部を読み終えてしまった。最後の2編「A-12 ざしき童子のはなし」と「B-12 水仙月の四日」の二作品は、それまでと違って話が宮澤賢治の童話の世界のような書き方だ。Aのほうは、多分、自閉症と見られる少年のお話。Bのほうは、雪童子(ゆきわらす)が主人公なのだが、こちらも心を病んだ少年の話のようにも思える。同じタイトルの宮澤賢治の童話があるのだろうか?
 とにもかくにも、高橋源一郎という作家は興味深い。『さようなら、ギャングたち」(1981年)と、『日本文学盛衰史』(2002年)を探して読んでみたい。後者は文学史の本かと思っていたら違う。昨日、本屋で少し見てきたら、啄木の話や、途中で横書きの部分があったりして、かなり分厚い、これも面白そうである。読書はやはり連鎖する。

新型コロナウイルスモデルナワクチンー変異株にも有効らしい

「モデルナワクチン変異株にも有効」という新聞報道が出ていた。(2021年1月26日)。記憶と記録のためにが概要をまとめたい。
 新型コロナウイルスには英国で見つかった変異株のものがある。この変異株に感染した人が日本でも静岡に次いで東京でも二名確認された。しかも渡航歴はなく感染経路は不明である。
 この英国や南アフリカで確認された変異ウイルスに対しても、米バイオ企業モデルナは、自社で開発した新型コロナウイルスのワクチンが抗体を作り予防効果あるという研究結果を発表した。ただし南アの変異ウイルスには効果が低かったために改良型ワクチンの研究を始めるという。・・・・モデルナのワクチンは米国で接種が始まり、英国や欧州でも使用許可が出ている。日本でも、1月21日に治験が始まり、今年6月までに2千万人分、9月までにさらに500万人分が供給される計画だ。既に米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンについて、英国の変異株ウイルスに有効だとする研究結果を発表している。(ワシントン=香取啓介さんからの外信)

 ■日本での新型コロナウイルスワクチン接種は何時から■
 中国製の新型コロナウイルスワクチン設置を、3万円で富裕層に働きかけているとのネット情報がある。本当なのだろうか?中国では、いち早くワクチン開発が完成し、既に昨年末から接種が進んでいるらしい。ただ開発途上における臨床試験(治験)についても、ワクチンがRNA型なのかどうかも明らかではない。信じていいのだろうか?
 一方、米国、英国、独のバイオ企業が開発したワクチンは、RNAワクチンだ。日本独自のワクチン開発は遅れているが、米ファイザーのワクチンが日本でももうすぐに接種が始まるようだ。以下、2021年1月26日の朝日新聞の記事から概要を採録する。
 新型コロナウイルスのワクチンについて、厚労省は、1月25日、高齢者施設の職員(約200万人)への接種は、一定条件を満たした場合、時期を3~4月に前倒しして施設入所者と同時期にできるとする方針を示した。施設内のクラスター対策の推進のためだ。
 政府はワクチン接種の優先順位を、医療従事者、65歳以上の高齢者、持病のある人、高齢者施設の職員―の順番にする方針だ。ワクチンは2回接種が必要で、間隔はたしか3週間以内だっと思う。3~4月に始まる見込みの65歳以上の高齢者(約3600万人)への接種を、9週間以内に終えることがでるように市町村に求めたとのことだ。
 <コメント>上記の記事に照らすと、現在74歳で持病持ちの私のワクチン接種は3月にできるのだろうか?
 ところで、ファイザーのワクチンは、零下70度cで保管が必要だある。このため新型コロナウイルスのワクチンを保管する超低温冷凍庫の検品作業が相模原市の南区のカノウ冷機で進んでいる。こういう業界は特需ということになるのだろう。

「認知症フレンドリープロジェクト」ってなんだ

 「認知症」はつい10数年前までは、「痴呆」と言われていた。厚生労働省の検討会が、「痴呆」に代わる用語として、「認知症」を使用するように協力依頼を出したのは、平成16年12月24日のことだった。「痴呆」の「痴」の字は、「知」にやまいだれがついたものなので、よくないイメージを与えるので避けたと考えられたらしい。「呆」の字も「あほう」の「ほう」でイメージは良くない。さりとて、「認知症」というのも曖昧な用語で、実際妙なネイミングではある。
 かつては、「老人の呆け」は普通のことだった。私が小さかった70年ほど前は、平均寿命が多分60歳くらいで、多くは60歳前に亡くなっていたのだろう。「平均寿命」には幼児死亡も含まれるので老人の全てが早死にするわけではない。昔でも80~90歳まで生きた人はいたが数が少なかった。田舎の家の縁側には「呆けてしまった老婆(爺さんは早く亡くなってしまい少なかった)が何もせずにボーっとして日向ぼっこをしていた情景はよく見かけたものだった。
 さて、今から40年前に医学医療の記者をしていた私が、日本老年学会、日本老年医学会、日本老年社会科学会、日本成人病学会(いまの生活習慣病学会)等に取材に行くと、「高齢化社会を前にして老人の呆けの臨床にいかに対処するか」というようなテーマが熱く語られていた。40年前に危惧されていた高齢化社会の渦中に今はある。「認知症研究」の先駆者で第一人者の長谷川和夫さん(聖マリアンナ医大名誉教授)が。自ら「認知症」になったことを公開したのは一昨年のことだった。長谷川さんは、「自らが認知症になって、認知症が漸くわかってきた。認知症というものは連続したものだ・・・」と言っている。「認知症」になったから別人格になるのではなくて、かつての自分と連続してある部分が「わからなくなる」ということだと思う。これまでも、「まだら呆け」という言葉があった。ある部分は今まで通りである部分が分からなくなる、ということなのだろう。

 ■認知症フレンドリープロジェクトとは
 朝日新聞社は、2019年の創刊140周年事業として、「認知症フレンドリープロジェクト」を始めたそうだ。2021年1月25日の記事で知ったので、概要をまとめておきたい。2019年4月から、「認知症フレンドリー講座」というのを始めたのだという。この講座では、専門家の解説動画を交えながら、講師が認知症の基礎知識を教える。「認知症になると何もできなくなるとおまわれがち」であるが、そうではなくあて、「必要なことだけを手助けし、本人が自立して生活するためのサポートを」と訴える声を紹介し、周囲がどう寄り添ったらいいかなど考えるきっかけを得させるのだという。

 ■在宅ひとり死のススメ■
 医師の日野原重明さんは、105歳でなくなるまで直前までお元気でおられたようだ。私が日野原さんに初めてお目にかかったのは今から40年前だった。日野原さんは63歳くらいで私は34歳だった。日野原さんは、その頃から朝食はビスケットと蜂蜜を入れた紅茶くらいで、昼食も軽食で、夕食のみが高カロリーの食事をしておられた。多分、お酒は嗜まなかったと思う。つまり、健康の秘訣は「節酒と小食」であった。やはり、2年くらい前に亡くなった小脳研究の泰斗・伊藤正男さん(東大名誉教授・生理学)の死因は「老衰」と新聞にでていた。私が知己を得ていた80歳台の頃の伊藤さんも頭脳明晰であった。つまり、お二人ともに死の直前まで専門の学問から離れず、暴飲暴食は一切しなかったのだと思う。長生きしたければ、学びあまり食べてはいけないに尽きる。
 さて、上野千鶴子さんが「在宅ひとり死のススメ」という本を出した。これが理想的な死でなくてなんであろう。そのうち読んでみたい。上野さんの、「悩みの坩堝」という朝日新聞の相談欄での回答が面白くて好きだ。さて、読まないうちに、本の広告から内容を推測する読書の楽しみでもある。「慣れ親しんだ自宅で自分らしく幸せな最期を迎える方法」が書いてあるらしい。前著『おひとりさまの老後 の著者が提案する新しい死に方=新しい生き方、が書いてあるらしい。
<●「老後の幸せ度」は「おひとりさm」が最も高く、最低は「おふたりさま」世帯、●「在宅ひとり暮らし」認知症でも大丈夫!,●介護保険をどう活用すべきか、●安楽死尊厳死は正義か?、●家で死ぬために必要な費用はずばりいくら?>
 こんな役に立つことが書いてあるのなら「文春新書」(800円)は買っても読みたい。「在宅ひとり暮らし」認知症でも大丈夫! 本当に大丈夫だろうか? そのためには、やはり「小食」「節酒」「適度な運動」につきるのかな。「ウェノももうすぐ後期高齢者!」だなんて、私と同世代だ。この本で老後資金をまかなうのかな?

 

 

 

「しらふで生きる」ってやはりつらい!

「飲もうかといったら飲もう飲もうと朝まで酒盛りになった・・・」

 上のような趣旨の永田和宏さんの歌があったと思う(未確認)。永田さんとやはり歌人であった河野裕子さんとの相聞歌の一つだろう。先日、ブックオフに穂村さんの「短歌の友人」を探しに行った。詩歌の棚に『歌に私は泣くだろう』という永田さんの本があったので立ち読みした。700円だったが買わなかった。河野さんが死に際に「このひとは淋しいひとだから、お父さんを一人にしてはだめよ」と子どもたちに言い残したということが書いてあった。先日の、朝日新聞の記事にも、「河野裕子に会ったことが私の人生の全てだった・・・」という意味のことを永田さんが言っていた。永田さんの家族は、娘さんも歌人、息子さんもその奥さんも歌人で、短歌界の「サザエさん一家」と言われているのだという。
 「幸せな家庭というものは似通ったものだが、不幸な家庭はそれぞれに不幸である」という趣旨の冒頭の文章が有名なのが、「アンナ・カレーニナ」(トルストイ)である。それはそれとして12月23日からの節酒、1月4日からの禁酒が続いている。素面で生きているのである。

「飲もうかといっても、のみたくない・・・」という連れ合いは「素面のひと」なのである。私は、本当は「飲みたい人」なのである。しかしコロナ禍で、持病の糖尿病を管理するために、とにかく独りでは飲まないことにした。外に出ないから連れ合いが飲まないので、合気道の友人と飲むしかない。これも稽古を自粛していたのと、唯一の呑み相手である義息子も来られないので酒を飲む機会がない。禁酒が1ヶ月を越えるのは、2018年マヴィレットを飲んでC型肝炎の治療を行っていた頃以来である。町田康さんの「酒を止めてみた」の本によると、酒が飲みたくて夢に出てくると書いてあった。町田さんは、20歳から50歳くらいまで30年余は毎日飲んでいたのでアルコール依存に近づいていたのであろう。私の場合は、20歳から73歳まで、機会がある度に、あるいは機会を作って飲んできたが大量飲酒者ではなかった。それで、飲まなくても身体の禁断症状はでてこないようだ。しかし、こころが酒をのんだあとの「陶然とした気持ち」を求めてくる。ともあれ禁酒が続いている。禁酒すると町田さんが言っていたように得点が出てきた。禁酒の得点は以下のようだ。
(1)酒の代金が不要なので金がかからない、
(2)夕食の後で身体が軽いので、片付けの後ですぐに本が読める、
(3)風呂に入り直ぐに床につくと、これまでは夜中にトイレに3回起きていたのが、2回あるいは1回で済むようになった、
(4)つまり、睡眠の質が上昇したようだ、
(5)酒を飲まないと食事の量が減ってくるので必然的にダイエットになる(体重が61キロから59キロに減った)、
(6)もしかしたら、ヘモグロビンA1c数値が低く維持されているかもしれない(これは、次回の受診2月17日までわからない、今後4週間の節酒が出来れば)。
 とかなんとか言って早く酒が飲みたいなあ!

「やまなし―クラムボン殺人事件」を読んで思うこと

 「ってばあちゃんおれたちほんとにヤバクなったのだ。」

 こういう、「小説の文体」ってなんなのだろう。おはなしは、あやしい携帯電話で悩み相談というか風俗への勧誘のメールサイトで働いている、「おれ」の話なのである。なんていうか、目茶苦茶おはなしなんだな。これも初出は、「スバル」2003年3月号に載ったのだから、純文学系ということになるのだ。ポストモダンというのは、なにか話の筋があるというのではない。といことで、近代文学における「小説」からの脱却を目指しているということなのだろうか?これまで、読んできた高橋さんの「日本の近代文学史」は極めて正統的な記述だったので、この小説は訳が分からない。やはし、「ミヤザワケンジ全集」とタイトルを付けた全体に意味があるのか? わからない。
 ところで、「やばい」という日本語に近頃は乱れがある。「やばい」は、危ういというようなマイナスの意味とおもっていたが、最近は、「やばすぎる」を、「凄くいい」というような肯定的な意味合いで使われている。日本語の使い方って、難しくてやばすぎるね。