TomyDaddyのブログ

毎日の健康管理の記録、新聞、雑誌、書籍等の読書について感想を書いていく。

日野原重明さんの統合講義「ターミナル・ケア」(於:慈恵医大、1991年10月30日)と山崎章郎さんのこと

日野原重明さんと統合講義「ターミナル・ケア」(於:慈恵医大、1991年10月30日)と山崎章郎さんのこと~1986年3月16日

 

 31年の時空を超えて、日野原重明先生の謦咳に接した。これを謦咳や肉声というのだろうか?古い資料入れ段ボール箱を整理していたら、「1991.10/30 慈医大テープ 日野原・他」と明記した封筒がでてきた。中身を確かめると二巻のカセットテープがでてきた。一巻は「ターミナルケア」(45分)と明示、二巻目は「1991.10.30慈恵医大統合講義」と明記してあった。果たしてこのテープは生きているだろうか? 手持ちの古い「ラジカセ」に入れて」スイッチを入れてみた。なんとテープは健在でああった。紛れもなく少しシャガレ声の日野原先生の肉声がでてきた。雑音が入りあまり鮮明ではない。それでも聞き取ることができる。
 以下、記憶と記録のために書いておきたい。
 手帖のメモによるとこの日、午後14時40分から17時までの予定で東京慈恵会医科大学の統合講義に招かれて取材にいったの。招いて下さったのは橋本信也先生(第三内科)であったと思う。 

 日野原さんの講義を録音したものをまとめ、「命の選択ー延命医学と有終医療」のタイトルで翌年の医学界新聞・第1986号(1992年3月16日付)に掲載した。
 特別講義「統合講義ーターミナル・ケア」の冒頭を日野原さんは、山崎章郎さん(千葉大卒で、当時は八日市市立病院医長)が書いた「病院で死ぬということ」の紹介から始めた。山崎さんは、まだ若い医師で自らのターミナル・ケア経験から『病院で死ぬということ』という本を書いて第39回日本エッセイスト・クラブクラブ賞を受賞したばかりだった。
 <人は90%は病院で死ぬ。逃れ得ぬそれらの死の有様について現役の告白的に手記を書いた。これが『病院で死ぬということ』という本です。>
 山崎さんが、その後にどのような医師として歩まれた方を私たちは、本や諸々の報道記録で辿ることができる。このブログでも「大和臨床懇話会」に言及した際に、登壇した山崎章郎さんに触れたことがある。そして、山崎さんは現在、ステージⅣの大腸がんと闘っている。『ステージ4の緩和ケア医が実践するがんを悪化させない試み』という本を山崎さんが出版した(「新潮選書」、2022年)
 山崎さんについては、上記で触れた件の本を読んでからまた言及したい。それにしても、私の資料からでてきた「日野原先生の生の声」は貴重なものではないかと思う。テープからデジタル(スマホ)に移したので改めて聞いてみたい。